Devialet Arch - スタートアップガイド

検索

Devialet Arch - スタートアップガイド

ターンテーブルやCDプレーヤーなどのソースをPhantom IやPhantom IIでワイヤレスに再生するためのストリーミングハブを開発しました。

mceclip1.png

  1. Archとは?
  2. DEVIALET ARCH設定方法
  3. 入力設定
  4. よくある質問
    1. a. 私のPhantomのセットアップにはいくつかのルームがあります。Archはすべてのルームで同時に再生できるのでしょうか?
    2.  b. Devialet Archの背面にあるグランドピンを外すことはできますか?
    3. c. Phantomsに接続できるソースの種類は?
    4. d. Archがデジタルソースとして設定されている場合、2つの入力を別々に使用することができますか?
    5. e. ArchをExpertやExpert Pro製品と一緒に使うことはできますか?
    6. f. WiFiネットワークの設定を変更した場合、Archを再び使えるようにするにはどうしたらいいですか?
    7. g. このアクセサリーについて、他に知っておくべきことはありますか?

 

 

1. Archとは?

Devialet ArchはPhantomスピーカー(Premier、Reactor、I、II)専用のアクセサリーです。

Phantomシステムにワイヤレスで信号を配信できる高品質のプリアンプ付きストリーミングボックスです。

つまり、ArchはDevialetアプリのソースとなり、コンテンツをPhantomにストリーミングすることができます。RCA入力が1つあり、ターンテーブルやCDプレーヤーなどのソースを接続できます。

この入力は、フォノ入力、ライン入力、または2つのデジタル入力として設定して使用することができます。出力はPhantom IまたはPhantom IIにのみ対応しており、Ethernet、PLC、Wifi経由でPhantomに信号を送ることができます。

地域で利用可能な電圧に関わらず、Devialet Archを安全に使用することができます。

 

mceclip0.png

 

2.     DEVIALET ARCH設定方法

以下の手順で、Devialet Archのセットアップを実行してください。

 

  1. Devialet Archの箱を開けます。
  2. ストリーミングしたいソース(ターンテーブル、CDプレーヤーなど)の出力を差し込みます。ソースが使用している出力の性質を覚えておいてください(デジタル/ライン/フォノ)。
  3. Archを電源コンセントに接続します。これで自動的にArchが起動します。
  4. ArchのLEDライトが緑色に点灯するまで待ちます(「セットアップの準備完了」を意味します)。
  5. DevialetアプリでPhantom IまたはPhantom IIが設定され、表示されていることを確認します。これで、Archのセットアップを開始できます。
  • Devialetアプリを開く
  • Devialetアプリの設定(Devialertアプリの左上にある歯車のアイコン)をタップします。
  • "Add a new product "をクリックします。
  • すると、アプリが検索して以下のメッセージが表示されます。"New life found"
  • "Set Up Now "をクリックしてください。
  • セットアップ中の指示に従ってください。
  • セットアップ中、Archで使用する入力タイプの選択が表示されます。
  • Line
  • フォノ
  • デジタル

重要:各ソースはそれぞれ異なる目的を持つことがあります(例えば、LineとPhonoはパワーの点で大きく異なります)ので、Archを設定する前にソースの説明書を確認してください。

 

希望する入力を選択すると、セットアップが完了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New life is found

mceclip0.png

Button to press during the setup

mceclip1.png

 

 

 

 

  1. 入力設定

入力タイプ

特異性と推奨事項

mceclip2.png

·       フォノモードはフォノプリアンプとして、入力された信号にゲインとRIAAカーブを適用します。

·       フォノモードでは、ラインレベルの信号を接続しないでください(ゲインは約45dB)。

·       トナーアームのグランドを利用してバックグラウンドノイズを低減することができます。

·       ケーブルは左、右、グランドで構成されています。

·       最初の試聴では、ゲインの感覚を調整する必要があるかもしれません。

2種類のカートリッジ

·       MM(ムービングマグネット)型

·       MC(ムービング・コイル)は、MMよりも出力レベルが低いのが一般的です。

注:弊社では高出力のMCカートリッジのみをサポートしています。通常のMCカートリッジはArchではサポートしておりません。

 

TOP

 

 

 

入力タイプ

特異性と推奨事項

mceclip3.png

·       ライン入力は、さまざまな音楽ソースに使用できます(CDプレーヤー、Mチューナー、ゲーム機、テレビ、セットトップボックス、DVD/BRDプレーヤーなどがその例です)。

·       入力は、左右のRCAケーブル(白/赤)で構成されています。

  • この設定では、グランド接続は必要ありません。

 

 

 

入力タイプ

特異性と推奨事項

mceclip4.png

·       デジタル同軸入力は、1本のデジタルケーブルで構成されており、1つのコネクターで左右の信号を伝送するため、1本のケーブルで十分です。

·       必要なインピーダンスは75Ω

  • 一般的には、多くのデジタルサウンドソース(コンピュータ、ストリーマー、DVDプレーヤー、BluRayなど)の出力として使用されます。

 

なお、ライン入力やフォノ入力は、セットアップ後に入力タイプの変更やゲインの調整が可能です。

初期設定後に入力の種類を切り替えたり変更したりするには

  • Devialetアプリを開く
  • スタート画面の左上にあるホイールを選択して、アプリの設定に入ります。
  • "My Products "を選択します。
  • Archは "Accessories "エリアの下にあります。それを選択します。
  • 入力の種類の横に、そのソースをアクティブ/非アクティブにするトグルボタンがあります(Phono、Line、Digital Left、Digital Right)。

 

 

Archのゲインを追加または削減するには(フォノおよびライン入力のみ)。

 

  • Devialetアプリを開く
  • スタート画面の左上にある歯車を選択して、アプリの設定に入ります。
  • "My Products "を選択します。
  • Archは "Accessories "の下にあります。それを選択します。
  • 選択した入力タイプ(Phono/Line)のすぐ下に「Sensibility」のスライダーがあります。
  • リスニングセッションで必要な調整を行い、望ましい値を入力していることを確認してください。

参考までに、各ソースの工場出荷時の値を示します。

  • フォノ - 5.0 mV (スライダーは5mVから10mVまで設定可能)
  • ライン - 2.0V(スライダーは0.5Vから4.0Vまで設定可能

 

4. よくある質問

 

a. 私のPhantomのセットアップにはいくつかのルームがあります。Archはすべてのルームで同時に再生できるのでしょうか?

Archでは、Phantom IとPhantom IIのネイティブマルチルーム機能の恩恵を受けることができます。Archでは、特定のゾーンまたはDevialetアプリで作成されたすべてのゾーンで再生することができます。

なお、マルチルーム機能は、当社のファームウェアバージョンDOS 2.10以上がインストールされたPhantomスピーカーでのみ利用可能です。お使いのファームウェアが最新のものであることをご確認ください。

 

b. Devialet Archの背面にあるグランドピンを外すことはできますか?

はい、取り外すことができます。しかし、フォノ入力には非常にお勧めです。将来的にPhonoソースを追加したい場合に備えて、今は必要なくても取っておくことをお勧めします。

  

c. Phantomsに接続できるソースの種類は?

当社のPhantom Iスピーカーには光ケーブル入力があります。このタイプの入力はストリーマーやテレビなどとの接続によく使われます。

Phantom IIには、ミニジャック/光ケーブルがあります。ミニジャック入力はMP3プレーヤーやスマートフォンなどでよく使われ、光ケーブルはストリーマーやテレビとの接続によく使われます。

Archにはフォノ/ライン/デジタル入力があり、ストリーマー、ターンテーブル、CDプレーヤー、DVDプレーヤーなど様々なソースを接続することができます。

システムに複数のデバイスを接続する必要がある場合、複数のArchを追加することができます。DOS2プラットフォームがそれを可能にします。Archを追加する際には、ネットワークの帯域幅を考慮してください。特にPLCやWifi経由でストリーミングを行う場合は注意が必要です。可能な限り帯域幅の問題を最小限にするために、Arch をルーターのLANケーブルソケットに直接接続することを常にお勧めします

 

d. Archがデジタルソースとして設定されている場合、2つの入力を別々に使用することができますか?

はい、可能です。Archをデジタルでご利用の場合は入力は2つもしくは別々に使用できます。

 

e. ArchをExpertやExpert Pro製品と一緒に使うことはできますか?

Archは、Phantom IおよびPhantom IIスピーカー専用に設計されています。ExpertやExpert Proのオーディオシステムには使用できません。

 

f. WiFiネットワークの設定を変更した場合、Archを再び使えるようにするにはどうしたらいいですか?

Archをリセットする方法があります。

  • アーチを逆さまにする
  • 下の部分に、リセット用の小さな穴があります。小さなピンをその穴に数秒間差し込みます。
  • LEDが反応してコマンドを確認します
  • セットアッププロセスをやり直してください

g. このアクセサリーについて、他に知っておくべきことはありますか?

ネットワークの帯域幅が許す限り、Archの使用数に制限はないことを覚えておいてください。Archからスピーカーへのスムーズな信号伝送を確保するため、可能な限りLANケーブルを使用することをお勧めします。

ArchはDOS 2でしか動作しません。もしArchをご使用をご検討されているのであれば、システムが最新のものであること、そしてSparkを使っていないことを確認する必要があります。詳細についてはお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
57人中36人がこの記事が役に立ったと言っています
ページの先頭へ戻る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。