Phantomのダイレクトオプティカルモード - カスタムインストール

検索

Phantomのダイレクトオプティカルモード - カスタムインストール

オプティカルモード

オプティカル・ダイレクトはPhantom Iの使用モードでPhantomのSPDIF(TOSLINK)入力のレイテンシーを可能な限り低くし、通常60ミリ秒のディレイを2ミリ秒に短縮します。

このモードは主にライブ・パフォーマンス(コンサート、DJセットなど)や特別なハードウェアが必要なカスタム・サラウンド・セットアップに使用されます。

注意 : このモードではWi-FiとBluetoothの機能がすべてバイパスされるため、このモードを有効にするとスピーカーの物理入力しか使用できなくなります。ストリーミングに戻りたい場合はスピーカーをリセットしてオプティカル・ダイレクトを解除する必要があります。



オプティカルダイレクトモードはどの製品で利用できますか?

このモードは少なくともファームウェアのバージョンが2.11にアップデートされているPhantom Iモデル(108dB、103dB、および現在は生産されていないシルバーモデル)のみで利用可能です。

 

オプティカル・ダイレクトでのPhantomの設定方法

標準的な手順 : 

  1. Phantomをセットアップモードにする:バックボタンを1秒以内に素早く3回押す。 (Phantomは3回目のプッシュの後、3回のカチッという音がなります。)
  2. PhantomをLANケーブルに接続しないでください。
  3. 2~3秒の間に後ろのボタンを2-3秒間隔で5回押す。
  4. Phantomは「BTペアリング成功」と同様のサウンドデザイン音を発する。

注意 : ボリュームは70%に制限されます。Phantomのミックスはモノラルとなりネイティブのステレオはありません。中間のデバイスで信号をスプリットし、両方のPhantomを個別に配線した場合のみステレオになります。

 

高度な手順 : 

  1. Phantomをセットアップモードにする:バックボタンを1秒以内に素早く3回押す。(Phantomは3回目のプッシュの後、3回のカチッという音がなります。)
  2. PhantomをLANケーブルに接続してください。
  3. 2~3秒の間に後ろのボタンを2-3秒間隔で5回押す。
  4. Phantomは「BTペアリング成功」と同様のサウンドデザイン音を発する。
  5. PhantomのウェブページにはIPアドレスでアクセスできます(Network Analyzerなどのアプリを使用すると見つけることができます。ウェブページにアクセスするには、ブラウザを開いてIPアドレスを入力してください)
  6. 音量リミットはウェブページから設定でき、ミックスも設定できる。(左、右、モノ)。

 

 

オプティカルモードを解除する

  1. バックボタンを10秒間押す(Phantomはまだ音を出しません。)
  2. 1分ほど待つとPhantomの起動音が聞こえたらセットアップの準備完了です。
この記事は役に立ちましたか?
84人中42人がこの記事が役に立ったと言っています
ページの先頭へ戻る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。