Phantomの音質とストリーミングサービスについて

検索

Phantomの音質とストリーミングサービスについて

  1. ストリーミングサービス
  2. 信号の経路

サウンドファイルの品質を指定するには、大きく分けて3つのカテゴリーがあります。

非可逆音声: 最大限にサイズを小さくするために元のデータの一部が失われるファイル圧縮。

ロスレス(Lossless)またはCDクオリティ:元のデータを維持したまま圧縮しサイズを小さくする。

ハイレゾ: 圧縮を行わないファイルです。最大のサイズで最高の品質のファイルです。

Phantomはこの3つのカテゴリーに対応しています。ただし、すべてのストリーミングサービスでこれらすべての音質が選択できるわけではありません。

注:音楽ストリームのビットレートやkbpsが高いほど、ファイルの品質は高くなります(より詳細な情報が含まれるため)のでご注意ください。

 ストリーミングサービス

Deezer:

  • Classic: Lossy MP3 (128kbps/320kbps)
  • HIFI: Lossless CD (16-bit/44.1khz)

Qobuz: 

  • Studio Premier: Lossless CD (16-bit/44.1kHz) and Hi-Res (24-bit/192kHz)

Spotify:

  • Premium: Lossy OGG Vorbis (320 kbps)

Apple: 

  • Apple Music: Lossy AAC (256 kbps)

Tidal:

  • Premium: Lossy AAC (320 kbps)
  • Hifi: Lossless CD (16-bit/44.1khz) and Hi-Res (24-bit/96khz)

Amazon: 

  • Unlimited: Lossy MP3 (320kbps)
  • HD: Lossless CD (16-bit/44.1khz) and Hi-Res (24-bit/96khz)

信号の経路

オーディオシステムは、いくつかの要素で構成されています。

  • 音楽が保存されているソース(Spotifyのミュージックサーバーのようなもの
  • スピーカーに音楽を送るためのストリーミングProトコル(Bluetoothなど
  • オーディオスピーカーのハードウェア機能(マザーボードに搭載されている部品で定義される

この3つの要素が、再生したい音のフォーマットに適合していなければ、目的の音を得ることはできません。例えば、24bit/96khzで音楽を配信できるTidalを契約しているとします。そのためには、以下のことが必要になります。

  • Tidalで「マスター」品質フォーマット(24bit/96khz)で配信されている曲を探す。
  • Tidalの24-bit/96khzフォーマットと互換性のあるストリーミングProトコルで、その曲をスピーカーに送る。
  • そのストリームを、Tidalからの24bit/96khzフォーマットを読み込めるハードウェアを持つスピーカーで再生する。

Devialet Phantomは現在、以下のストリーミングProトコルに対応しています。

  • Bluetooth 最大16ビット/44.1khz
  • Airplay 1 最大16ビット/44.1khz
  • Spotify Connect(320 kbps
  • UPnP 24bit-48khz以上に対応

 

 

この記事は役に立ちましたか?
209人中136人がこの記事が役に立ったと言っています
ページの先頭へ戻る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。