Expertにおけるフォノ入力の設定

検索

Expertにおけるフォノ入力の設定

 

1. Expertのフォノ入力

DEVIALET 120/130 PRO / 140 PRO

Devialet Expert 120とExpert 130proは、どちらも同じ数の入力を備えています。どちらもライン入力を備えており、コンフィギュレーターでフォノ入力に変換することができます。

Screen_Shot_2018-04-19_at_08.37.14.pngScreen_Shot_2018-04-19_at_08.37.26.pngScreen_Shot_2018-04-19_at_08.37.36.png

Top

1.b DEVIALET 200 / 220 PRO/250 / 250 PRO - 210 PRO / 400 / 800 / 440 PRO / 1000 PRO

これらのDevialetアンプは複数の入力を備えています。これらのアンプには、1つの専用フォノ入力(フォノ2)があり、ライン入力に変換することができます。また、専用のライン入力(Line 1)もあり、フォノまたは2xモノデジタル(spdif)入力に変換することができます。

Screen_Shot_2018-04-19_at_08.43.48.png

Screen_Shot_2018-04-19_at_08.44.04.png

Screen_Shot_2018-04-19_at_08.44.19.png

Top

2. RAM®について

レコードアクティブマッチング(RAMメニュー)

フォノステージのパラメーターをターンテーブルの特性にリアルタイムで適応させます: EQカーブ、ミックスモード、カートリッジ感度、ローディングパラメーターなどです。つまり、音楽を聴きながら、期待通りのサウンドが得られるまで設定を変更することができるのです。

RAMを有効にするには、コンフィギュレーターでリモコンを選択し、RAM用のボタンを1つ設定します。

Screen_Shot_2018-04-19_at_08.50.55.png

Top

RAM®メニューのオプション

 

アンプのスイッチが入ったら、Phonoソースに入り、このメニューに割り当てられたリモートボタンでRAM®メニューをアクティブにしてください。

この変更は、2秒間の非アクティブ状態の後にロードされます。

カートリッジのスペックやメーカー推奨値を知りたい場合は、カートリッジのマニュアルを参照するか、メーカーに問い合わせてください。また、カートリッジの仕様がすべて掲載されているオンラインデータベース(例:Vinyl Engineなど)を利用する方法もあります。

各オプションの値を変更するには、リモコンのホイールを回して、次のオプションに移るためにトーンボタンを押すだけです。

チャンネル:

  • ステレオ(デフォルト)
  • モノラル
  • 左または右

 

EQカーブ :

RIAA1953

RIAA 1976

NAB

RCA

COLUMBIA

EMI

AES

DECCA

OISEAU LYRE

TELEFUNKEN

CAPITOL

MGM

ESOTERIC

NONE

 

最大レベル:

  • 0.10mV~1.00mV(0.01mVステップ)、MC用
  • 1.00mV~15.00mV(0.1mVステップ)、MM用
    (注:0.1mV=100uV)。

:

  • MCはMoving Coil(ムービングコイル)の略です。
  • MMはMoving Magnet(ムービングマグネット)の略です。

ローディング カートリッジの負荷抵抗(Le 120、130 Proにはありません):

High 37 Ω
460 Ω 30 Ω
200 Ω 25 Ω
140 Ω 22 Ω
100 Ω 14 Ω
85 Ω 12 Ω
70 Ω 10 Ω 
60 Ω      

カートリッジの負荷容量です: Le 120、130 Proでは使用できません:

0 pF 400 pF
100 pF 500 pF
200 pF 600 pF
300 pF 700 pF

 

Expert 200/250/400/800

Expert Pro 220/250/440/1000RAM_Expert.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Expert 120

Expert 130 Pro

RAM_Expert_120.png

 

Top

3. よくあるご質問

コンフィギュレーターでフォノパラメーターを設定することはできますか?

カートリッジの種類、推奨最大レベル、負荷がわかっていれば、コンフィギュレーターで設定することができます(これらの情報はカートリッジのメーカーに問い合わせてください)。コンフィギュレーターには、あらかじめ登録されたカートリッジモデルのリストが表示されますが、RAM機能により、現在これ以上追加する予定はありません。

TOP

Devialetは、RAM®メニューとコンフィギュレーターのどちらでパラメータを設定することを推奨しますか?

RAMを使用することをお勧めします。なぜなら、音楽を聴いている最中に、即座に変更し、音の出方を調整することができるからです。

 

TOP

リモコンにram®メニューのボタンを設定しませんでした。

専用ボタンがなくても、RAMメニューに直接アクセスすることができます。Phonoステージのパラメーターを調整する場合は、以下の手順で行ってください:

  1. フォノソースにアクセスします。
  2. トーンボタン(または「バランス&トーン」オプションにアクセスするボタン)を短く押します。
  3. このメニューの中で確認すると、RAM®メニューが表示されます(確認するには、トーンボタンを短く押すだけで、このメニューのページから別のページに移動します)。
  4. ホイールを使って、RAM®メニューのパラメータを変更します。

カートリッジのスペックはどこに書いてありますか?

これらの情報は、お使いのカートリッジの取扱説明書に記載されています。また、Vinyl Engineのように、カートリッジのスペックをすべて網羅したデータベースがオンライン上に存在します。

メーカーからの推奨事項は、RAM®のメニューで「その場で」調整することができます。一度設定すると、すべてのパラメータはアンプにロックされ、この音源をオンにするたびに適用されます。

パラメーターを微調整しても、カートリッジの音は期待通りにはなりません。

まず、カートリッジが良い状態であることを確認します。

次に、ターンテーブルのアームに正しく配線されているかどうかをチェックします。

最後に、アース配線をする必要があるかどうかも確認してください。ターンテーブルは、音質を良くするために「過大な増幅」をしているため、周囲の電圧がすべて「聞こえる」状態になり、試聴に悪い影響を与える可能性があります。

別のターンテーブルをアンプに接続し、そのうちの1台だけが悪い音を出すかどうか試してみるのもよいでしょう。

フォノ入力で銃声のようなノイズが聞こえます。

フォノ入力は環境ノイズの影響を受けやすいので、安全確認のため、Expertとターンテーブル間の配線が正しく設定されていることを確認してください。

フォノ入力を使用する際には、入力の設定でWifiが無効になっていることを確認してください。

 

最後に、アースを取る必要があるかどうかも確認してください。ターンテーブルは、レコードを聴くのに適した状態にするために「過剰増幅(over-amplified)」されていますので、周辺のあらゆる電圧が「聞こえて」しまい、リスニングセッションに悪い影響を与える可能性があります。

この記事は役に立ちましたか?
66人中53人がこの記事が役に立ったと言っています
ページの先頭へ戻る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。