EXPERT・ EXPERT PROでプリアンプ出力

検索

EXPERT・ EXPERT PROでプリアンプ出力

  1. プリアウトとは?
  2. ヘッドセットまたはヘッドセット用プリメインアンプ出力
  3. プリアンプとしてのDEVIALET EXPERT
  4. サブウーファー
  5. よくある質問

プリアウトとは?

Devialetのアンプは主に入力を備えており、例にCDプレーヤーなど外部の機器を接続することで、受信した信号を増幅してスピーカーで再生することができます。

 

例えばヘッドホンで音楽を聴く際に、アンプから信号の出力が必要な場合があります。これをプリアンプ出力(PreOut)と呼び、Devialet Configuratorで設定することができます。

Top

ヘッドセットまたはヘッドセット用プリメインアンプ出力

  • Devialet Configuratorに入り、設定したいExpert、Dpremier、Expert Proの機種を選択します。
    • デジタル1を選択し、「プリアンプ出力(ステレオ)」を選択します。
    • Dページ下部の 「この出力をミュートにする」を無効化します。Screen_Shot_2018-04-04_at_09.34.06.png
    • 設定に出力が表示されます。
      Screen_Shot_2018-04-04_at_09.34.24.png
    • 右上のリモート設定(「リモート設定」)を選択し、2つの設定可能なボタンに「ミュート」と「プリアンプ出力」のオプションを指定します。Screen_Shot_2018-04-04_at_09.34.42.png
    • 設定した内容をダウンロードし、SDカードにコピー&ペーストしてください。
  • ヘッドセットをアンプのプリメインアンプ出力に接続します。
    1. ヘッドセットとアンプの接続には、メスジャックとRCAステレオオスの変換アダプターを使用します。
    2. ヘッドセットのジャックサイズが適合していない場合は、別のアダプターを使用します。
  • ヘッドホンからしか音が出ないようにするには、
    1. ヘッドセットへ音を出力するアクション「プリアンプ出力」ボタンを押す
    2. ミュート ボタンを押すと、スピーカーから流れる音を止めることができます。

Top

プリアンプとしてのDEVIALET EXPERT

  • Devialetコンフィギュレーターで、設定したいDevialetアンプの機種を選択します。
    • デジタル1入力を選択し、 「プリアンプステレオ出力」に変更します。
    • ページ下部の音量調整で、「固定」を選択します。この機能により、リモコンによる音量変更ができなくなります。
    • コンフィギュレーターのこの部分は、「プリアウト」と表示されます。
    • 「リモコン設定」に入り、リモコンのボタン1つを「プリアンプ出力」の機能に指定します。
    • コンフィギュレーションをダウンロードし、SDカードにコピー&ペーストしてください。
  • Devialetアンプのプリアウトに2台目のアンプ(Devialetの製品外)を接続します。
  • 指定のボタンを押し、「プリアンプ出力」の機能にすると、Devialetアンプで信号が受信できるようになります。

Top

サブウーファー

  • Devialet Configuratorに入り、設定したいDevialetアンプの機種を選択します。
    • デジタル1入力を選択し、「プリアンプ出力(モノラル)」として変更します。Screen_Shot_2018-04-04_at_09.39.26.png
    • 入力は 「サブ」という名前に変更されます。Screen_Shot_2018-04-04_at_09.39.39.png
    • 「リモート設定」で、「サブウーファー」の機能を選択する。Screen_Shot_2018-04-04_at_09.39.49.png
    • コンフィギュレーションをダウンロードし、SDカードにコピー&ペーストします。
  • サブウーファーをアンプのSub出力に接続します。
  • リモコンの 「サブウーファー」ボタンを押し、出力を有効にします。

Top

よくある質問

  • ステレオの "サブウーファー "を接続することは可能でしょうか?

もちろん可能です。上記の手順で接続できますが、設定される出力は 「プリアンプ(ステレオ)」になります。

  • サブウーファーの信号をフィルタリングすることができますか?

コンフィギュレーターで使用する設定があります。

  1. フルレンジ、全周波数がサブウーファーによって再生されることを意味します。

  2. ハイパス信号は、設定に基づいて選択された低音域を除去します。この設定は、非常に低い周波数を再生することができない小型のスピーカーに使用できます。
  3. ローパス信号は設定に基づいて低周波を除去します。
  • ヘッドセットを有線接続した後、音が出ません。

リモコンに割り当てられたボタン「プリアンプ出力」が正しく設定されていることを確認し、ボタンのオン/オフを切り替える  リモコンに「プリアンプ出力」ボタンがあることを確認する
"

  • ヘッドセットでSAMを使用することはできますか?

ヘッドセットの設定により、SAMを使用することができません。SAMは主に通常のパッシブスピーカー向けに作られています。

Top

この記事は役に立ちましたか?
31人中18人がこの記事が役に立ったと言っています
ページの先頭へ戻る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。