複数のDevialet ExpertまたはExpert Proでシステムを構築する方法(デュアルモノ、バイアンプ、マルチルームなど)とは?

検索

複数のDevialet ExpertまたはExpert Proでシステムを構築する方法(デュアルモノ、バイアンプ、マルチルームなど)とは?

例えばモノブロックとして2台のDevialetでシステムを構築することもできますし、最大10台のDevialetを組み合わせてマルチアンプセットアップを行うことも可能です。このような場合、1台がマスター(入力信号を受信するもの)として設定され、もう1台はいわゆるスレーブとなります。

マスターのデジタル出力(DOUT)は、マスターの代わりにサブのデジタル入力に接続する必要があります。オンライン・コンフィギュレーション・ツールでは、定義されたマルチアンプ・カスタム構成の接続回路図が表示されます。

マルチユニット・セットアップの各Devialetは、チェーンにおける役割と期待される動作を指定した専用のコンフィギュレーションを持つ必要があります。オンライン・コンフィギュレーション・ツールでは、現在、2台のDevialetのセットアップに必要なコンフィギュレーション・ファイルを準備または編集することができます。マスターコンフィギュレーションを変更するたびに、サブのコンフィギュレーションも更新する必要があることに注意してください。2台以上のDevialetを含むセットアップについては、カスタマーサポートに新しいリクエストを送信してください、カスタム設定ファイルを提供します。

デュアルモノラル

大型のスピーカーや非常に要求の厳しいスピーカーをお持ちの方は、.NETを強くお勧めします。 この場合、1チャンネルにつき1台のアンプが必要です。8Ω、THDM0.00025%でチャンネルあたり最大400Wrmsと、利用可能なパワーが倍増し、さらに静かな動作が可能になります。

 

バイアンプまたはマルチアンプ

お使いのラウドスピーカーが低音/中音/高音スピーカーに直接、別々にアクセスできる場合、マスターのDevialetが左チャンネルスピーカーを、サブのDevialetが右チャンネルスピーカーを駆動するバイアンプ構成(スピーカーの作り方や意図によってはマルチアンプ)を構築することができます。このモードでは、低音と高音のスピーカーに送られる信号をアクティブにフィルタリングすることも可能です。つまり、アンプの左スピーカー出力は内部ローパスフィルター(バススピーカー用)を、右スピーカー出力はハイパスフィルター(トレブルスピーカー用)を通過します。フィルターのカットオフ周波数や傾斜の急さ(フィルターオーダー)は、カスタムで定義することができます。

ルームアンプリフィケーション

この構成では、各部屋にDevialetが設置されています。通常、音源に最も近いものがマスターとして設定され、他のものはサブとして設定される(複数可)。同じ音楽プログラムがチェーン上のすべてのDevialetで再生される。この場合、通常長いチェーンケーブルが必要となるため、サブのAES/EBU入力でチェーンすることを強くお勧めします。

オンラインコンフィギュレーターで見る

まずはDevialetを追加してください

この記事は役に立ちましたか?
63人中37人がこの記事が役に立ったと言っています
ページの先頭へ戻る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。