Support

助けが必要ですか?

Devial​​et ExpertをHome cinemaの設定に統合する方法

この記事は役に立ちましたか?

29人中23人がこの記事が役に立ったと言っています

フォローする

すべてのDevial​​etモデルは、サラウンドインストールの左右のチャンネルを処理するために、Home Cinemaセットアップに簡単に統合できます。これにより、ステレオとマルチチャンネルの両方の構成で、Devial​​etのサウンドを楽しむことができます。

フルサラウンドシステムを作成するためのより簡単な解決策は、ホームシネマソース(ブルーレイプレーヤーなど)をA / Vレシーバーに接続することです。左右の信号はDevial​​etに信号を送り、他のチャンネル(そしておそらくサブウーファー)を単独で処理します。

実際には、単に次のように操作します。

  • あなたのホームシネマソースをA / Vレシーバー(HDMIまたはS / PDIF接続)に接続してください
  • A / Vレシーバーの前面左と前面右のプリアンプ出力(通常PRE-OUT FLとFRと表示)をDevial​​etのアナログ入力に接続します(RCAステレオ接続)。
  • A / Vレシーバーのリア左、センター、リア右の増幅出力(通常はスピーカーバインディングポストでRL、C、RRと表示)をサラウンドスピーカーに接続します。
  • プリアンプされたサブウーファー出力(通常はPRE-OUT SUBと表示されています)を使用中のサブウーファーに接続します(RCAモノラル接続)。

HOMEcinema.png

接続が完了したら、Devial​​etの対応するアナログ入力(例: 'Line 1')を選択し、A / Vレシーバーも正しい入力(Blu-rayプレーヤー)に接続されていることを確認してください。これでシステムはサラウンドサウンドを再生する準備が整いました。

最後に、ホームシネマ入力を使用する場合は、システム全体でボリュームコントロールを1つだけにするために、Devial​​etの内部ボリュームコントロールをバイパスすることもできます。これは、オンライン設定ツールから、アナログ入力の灰色の矢印「設定」をクリックし、「パススルー」モードをクリックすることで実行できます。

line1.png pass_through.png

[end of section in progress]

これはオンライン設定ツールで定義できます.

Top

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事は役に立ちましたか?

29人中23人がこの記事が役に立ったと言っています

フォローする

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。