「Expert」や「Expert Pro」の画面やランプの表示を読み取るには?

検索

「Expert」や「Expert Pro」の画面やランプの表示を読み取るには?

 

スイッチを入れると、ディスプレイには選択されたソースの名前と現在のボリュームレベルが表示されます。

デジタル・ソースが選択されているときに、ディスプレイに名前がオレンジ色で表示されている場合は、この特定の入力で信号が利用できないことを意味します。有効な信号がDevialetに受信されると、ソース名は黒に変わります。Wi-Fi入力では、「AIR」という名前がグレーで表示されることがありますが、これは再生準備が整っているものの、音楽を受信していないことを意味します。

レベルは-97.5dBから+30dBまで調整できます。0dBは相対的な最大出力レベルです。0dBは相対的な最大出力レベルです。これは、アンプが録音の最も大きな部分を再生しているとき(すなわち、入力信号がフルスケールで0dBのとき)に、最大の出力レベルを提供することを意味します。もちろん多くの録音ではこの最大入力レベルに達することはありません。そのため特にクラシック音楽では、アンプの実効最大音量が0dBよりも大きくなることがあります。

 

dBマークは、内部のソフトコンプレッサー/リミッターステージが作動するとオレンジ色に変わります。

 

Devialetの前面の下に置かれた小さなオレンジ色のランプは、アンプの電源が入っているときに表示されます。デジタルソースから有効な信号が受信されないと赤に変わります。

この記事は役に立ちましたか?
14人中6人がこの記事が役に立ったと言っています
ページの先頭へ戻る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。